出産前に購入しておきたいアイテム

産後は赤ちゃんもまだ小さく、ママの体も回復していませんので思うように出かけるのが難しくなります。育児に必要なグッズは出産前に揃えておくと便利です。

育児に必要な3つのアイテム

退院からすぐに使えるチャイルドシート

産院から退院する日は自分で自宅まで戻りますが、家族が車で迎えに来てくれるケースも多いでしょう。赤ちゃんを車に乗せるときはチャイルドシートがさっそく必要になります。

お出かけに使える抱っこ紐

退院後も産院に出かけるなどちょっとした外出をする機会があります。赤ちゃんを両手で抱っこしていると両手が使えなくなり不便ですので、抱っこ紐があると便利です。

大量に使用するおむつ

産後すぐに使用するのがおむつです。新生児のうちはおしっこやうんちの回数も多く、1日でおむつを10枚以上使いますので多めに買っておきましょう。

車を持っている人は必須!

産後赤ちゃんを連れて検診や買い物に出かけるなど外出する機会も出てくるでしょう。赤ちゃんを車に乗せるときはチャイルドシートに乗せるのが義務ですので、産前に購入しておきましょう。

[PR]抱っこ紐を購入しよう♪
育児をもっと楽に!

チャイルドシートは使えるタイミングが多くて便利!

手

新生児には専用のチャイルドシートを使おう

チャイルドシートにはいくつかの種類がありますが、産後すぐに使用する予定があるなら新生児用のチャイルドシートの購入を検討しましょう。
新生児用は車のシートに対して後ろ向きに取り付けられるようになっているのが特徴でありさまざまなタイプがあります。
背もたれの角度が45度くらいのタイプが多く見られますが、赤ちゃんを寝かせて使用するタイプもありますし、取り外しが可能でキャリーやラックとして使用できるものもあります。

海外メーカーのチャイルドシートも人気

国内メーカーからもさまざまな種類のチャイルドシートが販売されていますが、海外製のチャイルドシートも人気があります。海外メーカーのチャイルドシートもインターネットなどからな手軽に入手できるようになったからでしょう。
海外のセレブも使っている洗練されたデザインも人気の理由のひとつとなっており、おしゃれなママを中心に人気を集めています。デザインやファッション性だけでなく、世界的にも広く安全性が認められていることも購入を後押ししています。

チャイルドシートの向きに注意

新生児用のチャイルドシートを装着するときは、取り付ける位置に注意が必要です。車のシートに対してチャイルドシートは後ろ向きに取り付けますが、これは赤ちゃんを事故の衝撃から守るためです。

広告募集中