腎臓病の兆候を知って症状改善|腎臓の症状ガイド

笑顔の看護師

生活習慣が大いに関係

笑うおばあちゃん

腎臓病には、急性のものと慢性のものがあります。急性は回復できますが、慢性のものは回復できません。また、慢性の腎臓病は日頃の生活習慣が大きく影響し、自覚症状がないのが特徴です。高血圧、糖尿病、痛風などの生活習慣病が絡むと、慢性腎臓疾患にかかりやすくなります。

詳細へ

人工透析とは

医者

腎臓の機能が低下してくると身体の機能低下が起こってしまいます。腎臓病治療の際には透析という治療方法を行いますが、透析には2種類の方法があり、それぞれ利点があります。比較して自分にあった方法を選びましょう。

詳細へ

腎臓の働き

診察

腎臓に不調が起こる

腎臓の働きは、体の中の老廃物の排泄、体の中の環境を保つ、ホルモンの産生などです。老廃物を排出しなければ、体の血液の中に老廃物がたまり病気になってしまいます。腎臓病になると様々な症状が出ます。腎臓病と言っても多数の種類があります。腎不全、腎盂腎炎、腎炎などが挙げられます。症状もそれぞれですが、老廃物が排出されないことで体にむくみが出てきます。血圧も上がるでしょう。貧血を起こすこともあります。熱、吐き気、倦怠感などの症状も出ます。ひどい時には、入院を余儀なくされる方も多いです。治療をしますと症状は回復してきます。しかし、治療をしないと腎臓の機能は少しずつ衰えてきて、病気はゆっくりと進行していきます。

治療

腎臓病になりますと治療が必要になります。治療には、安静、薬物療法、食事療法などがあります。まずは、安静にしてゆっくり休み治療することが大事です。病院で処方される薬、腎臓に優しい食事、水分を補給して老廃物を尿として排出しましょう。熱、吐き気、倦怠感、背中の痛みなどは出ましたら腎臓病を疑ってみましょう。尿を観察することで病気を早期発見することができますので、毎回の尿の確認をすることも大事です。朝1番の尿の色は濃いですが、数回排尿をしていくと色は薄くなってきます。毎回濃い尿が出るなどの異常がありましたら病院へ行きましょう。このように毎回、尿の色の確認、体の変化、体のむくみなどを注意深く見ることによって早期発見できます。

腎臓の病気を予防する方法

相談

何事も早めの対策が大切ですが、腎臓病も同じで早めに治療を進めることが必要となります。定期的に検査も受けることで、予防や悪化を防ぐことが出来ます。食事療法を取り入れ、生活習慣を改善しながら治療を行なっていきましょう。

詳細へ